ラ・ベル・エポック
(La Belle Epoque)
【フレデリック・シモナン パリのエスプリを初夏の薫りにのせて】

ラベルエポック


伝統の調理法を守り、斬新な発想によって数々の逸品を創り上げる、アール・ヌーボーの優雅な雰囲気のフレンチレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区虎ノ門2-10-4 ホテルオークラ東京 別館 12F
東京都港区虎ノ門2-10-4

【電話番号】

0335056073

【定休日】

なし

【オープン日】

1973年

【シェフ】

シェフは山本克哉氏。1982年ホテルオークラ入社、2011年より同店シェフ。味のバランスや彩り、季節感を大切に、サーフィンで培った体力と繊細な感性で、お客様の喜ぶ顔を力に料理に情熱を傾ける。

フレデリック・シモナン氏。1975年、フランス・ブルターニュ地方で生まれ、15歳で料理人をめざす。「ルドワイヤン」「ル・ムーリス」「タイユヴァン」「フォーシーズンズ・ジョルジュサンク」「レストラン ジスレーヌ・アラビアン」「セイズ・オ・セイズ」「ラ・ターブル・ド・ジョエル・ロブション」「アトリエ・ド・ジョエル・ロブション(ロンドン)」、「ラ・キュイジーヌ・ド・ジョエル・ロブション」など、高級フランス料理の王道をいくパリの名店で修業を重ね、2010年にはパリ17区に「レストラン フレデリック・シモナン」を開店。1年後にはミシュランで1つ星を獲得するという快挙を成し遂げた。現在は仏大手食品会社「Unilever Food Solutions」ガストロノミー部門コンサルタントをはじめ、クォリティーエージングを目指し、世界中のセレブリティーが集うスイスの名門「Clinique La Prairie」のホテル&レストラン・エグゼクティブシェフも兼任する。

【営業時間】

11:30~14:30
18:00~21:30

【座席数】

68席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2015夏

【コース】

■フレデリック・シモナン パリのエスプリを初夏の薫りにのせて 12960

ホテルオークラ東京は本館建替え記念事業「This is Okura」 300 Days Project サードステージのイベントとして、「フレデリック・シモナン パリのエスプリを初夏の薫りにのせて」を開催いたします。 2015年9月よりホテルオークラ東京では本館建替えのため、別館単独での営業を行います。 それに伴い、長年多くのお客様にご愛顧いただいてきた「ラ・ベル・エポック」も7月より改修工事を行います。現在の内装でお食事をお愉しみいただける最後のフェアとして2011、2012年にホテルオークラ東京でフェアを開催し、その後サウジアラビアやタイ、スイスなど世界をまたにかけて活躍する、フレデリック・シモナンシェフを招聘いたします。2年半の時を経て進化したシモナンシェフの料理をお愉しみください。

2015/06/01~07

【サービス料】

10%