ブノワ東京
(Benoit)

ブノワトウキョウ


「BENOIT(ブノワ)」は1912年にパリでオープンした、今も愛される老舗ビストロ。2005 年に青山にオープンし、アラン・デュカス氏がプロデュース。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 10F
東京都渋谷区神宮前5-51-8

【電話番号】

0364194181

【定休日】

なし

【オープン日】

2005/09/01

【シェフ】

2018年にリニューアルし、2018年3月からエグゼクティブシェフにセバスチャン・ルソー氏が就任。

【営業時間】

11:30~16:30(L.O. 14:15)
17:30~23:00(L.O. 21:15)

【座席数】

70席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2021春

【コース】

ランチプリフィクスメニュー
前菜+メインディッシュ+デザート+コーヒー 5000
前菜2品+メインディッシュ+デザート+コーヒー 6000
前菜+メインディッシュ2品+デザート+コーヒー 7500

【サービス料】

7%


【ドリンク】

■ヴーヴ・ボリー スパークリングワイン


■ウルスト ミュスカ オトネル ジュース


【料理】

■アミューズ

グジェールが2つ。

■前菜

グリーンピースのスープ リコッタチーズ
“サラダ・ブノワ" ベーコン/鶏砂肝のコンフィ
テリーヌ・ド・カンパーニュ
エスカルゴのオーブン焼き +1000
鱈のブランダードと半熟卵
“クックポット” 古代米 カマス アスパラソバージュ 山菜 +1000
ブル ビネガーソース +800

□グリーンピースのスープ リコッタチーズ
□“クックポット” 古代米 カマス アスパラソバージュ 山菜 +1000

■シェフのお勧め

ブノワ風 シャルキュトリーの盛り合わせ +1500
メバルと貝類のショードレ +1500
静岡県産イチゴ“紅ほっぺ”のメルバ +800

■メインディッシュ

ホタテ貝のソテー 春野菜
サクラマスのポワレ 香川県産グリーンアスパラガス“さぬきのめざめ”
オマール海老のココット 六条大麦と野菜 甲殻類ソース +2000
鶏のロースト 柑橘風味 ホワイトアスパラガスとウイキョウ
仔羊の煮込み“ナヴァラン” スパイス風味 春野菜
群馬県産“上州牛のイチボ”のポワレ 胡椒風味 自家製フレンチフライ +2000

□鶏のロースト 柑橘風味 ホワイトアスパラガスとウイキョウ
岐阜県の清流美どりの胸肉と骨付き腿肉。鶏のジュとビネガーの酸味が心地よいソース。フヌイユのピューレとオレンジ、ホワイトアスパラガスとウイキョウ。



□仔羊の煮込み“ナヴァラン” スパイス風味 春野菜

■フロマージュ

コンテ16ヶ月 / カマンベール・ド・ノルマンディ +800

■デザート

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房のショコラ ブノワ風 長野県産蕎麦の実のアイスクリーム
ババ・アルマニャックとバニラ風味の生クリーム
バニラ風味のミルフィーユ
シトラスのコンフィ ミントのグラニテ ガトー・バスク +500
パリ・ブレスト

□バニラ風味のミルフィーユ
□ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房のショコラ ブノワ風 長野県産蕎麦の実のアイスクリーム

【テーブルウェア】

プレートはジャンルイ・コケ、カトラリはクリストフル。グラスはリーデル。肉料理のナイフは、「木靴(Sabot)」がロゴとなっているフランスのル・サボ プロヴァンサル。