ISSEI YUASA

イッセイユアサ


プライベートギャラリーのようなイタリアンレストラン 。

【住所】

東京都港区西麻布1-4-22 アートスクエア西麻布 1F
東京都港区西麻布1-4-22

【電話番号】

03-6804-1191

【定休日】


【オープン日】

2021/04/22

【シェフ】

シェフは湯浅一生氏、支配人兼ソムリエは藤田啓介氏。

【営業時間】

18:00~23:00

【座席数】

カウンター6席、個室6席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2021春

【コース】

■14皿前後のおまかせコース ¥19,800


【サービス料】

10%


【ドリンク】

ハーフペアリング 5種類 ¥13,200
フルペアリング 8種類 ¥19,800

■ラルマンディエ・ベルニエ テール・ド・ヴェルテュ ノン・ドゼ プルミエ・クリュ 2013

フランス/シャンパーニュ/コート・デ・ブラン地区のシャンパーニュ。シャルドネ100%。

■シャトーヌフ・デュ・パプ クロ・デ・パプ・ブラン

フランス/ローヌ地方/シャトーヌフ・デュ・パプ地区の白ワイン。グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、クレレット、ブールブーラン、ピクプール、ピカルダン。

■ドメーヌ レオン・バラル ブラン レロー 2015

フランス/ラングドック地方の白ワイン。テレブラン、テレ・グリ、ヴィオニエ、ルーサンヌ。ビオワイン。

■カイユ・デュ・パラディ エヴィダンス 2009

フランス/ロワール地方の白ワイン。ムニュ・ピノ100%。

■イル・カンチェッリエレ タウラージ・ネーロ・ネ 2013

イタリア/カンパーニャ地方の赤ワイン。アリアーニコ100%。

■ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール マール・ド・ブルゴーニュ 30年

フランス/ブルゴーニュ地方のマール。

【料理】

■平貝とペストモデネーゼのピアディーナ

イタリア北部ロマーニャ地方の無発酵生地でつくられたパリパリのサンドイッチ「ピアディーナ」。豚の背脂を塩やスパイス、ニンニクで調味したペストモデネーゼとヒラガイを挟んで。ハリッサのアクセントがある。

■インサラータ ディ トリッパ

日本の食材を用いたイタリア料理。日本産の牛の第2胃袋であるハチノスをサラダにして。酸味があってとても爽やか

■リヴォルノ風カチュッコ

イタリアの田舎にある港町の漁師料理で、魚介類たっぷりのスープ。下田のキンメダイを用いて、貝類のスープが非常に濃厚。まろやかな本枯れ鰹節が旨味の隠し味。

■タリアテッレ ブッロ エ パルミジャーノ

栃木県のブランド卵「パワードエッグ力丸くん」を用いたタリアテッレ。金華豚とシャモのスープにバターを合わせて。最後に24ヶ月のパルミジャーノ・レッジャーノで仕上げる。

■烏賊墨のビーゴリ 白魚とカラスミ

ビーゴリは北イタリア名産の押し出してつくられる太麺の高級パスタ。茨城県霞ヶ浦の白魚にカラスミの旨味。赤タマネギの酢漬けとレモンで軽やかに、ミントで鮮烈に。

■近江牛のアロスト

湯浅氏が滋賀県まで訪れて探しだした近江牛のウチモモのロースト。サシが適度に入り、赤身がジューシー。下にはホクホクのジャガイモ。

■ゴルゴンゾーラのジェラート

デザートが得意な湯浅氏のスペシャリテ。イタリア時代の修行先で教えてもらったものに、リキュールを除いたりするなどアレンジ。
最後は福岡県の八女茶をベースにしたミントティーと、直火式エスプレッソメーカー「マキネッタ」で入れたエスプレッソ。砂糖は多めに提供される。

【テーブルウェア】

ワイングラスはロブマイヤー、プレートは陶芸作家の岩崎龍二氏の作品、和食器。カトラリはクチポールで、NAUシリーズの珍しい白。