ライラ
(Lyla)
【ランチ】

ライラ


その日にしか入らなかった新鮮な食材、産地から直接届けられたレアな食材など通常のレストランでは組み立てづらい食材を存分に生かして、その日、その時、そのテーブルにしか存在しない唯一のコース menu carte blanche(仏語で「白紙メニュー」)で提供。
予約された客ごとにメニューを組み立てていくので、テーブルによって内容が異なる場合もある。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区赤坂7-5-34 インペリアル赤坂フォーラム 1F
東京都港区赤坂7-5-34

【電話番号】

0364412096

【定休日】

火曜日

【オープン日】

2013/05/10

【シェフ】

オーナーシェフは成清毅氏。大分県出身、1978年生まれ。日本で約6年間、フランスで三ツ星レストランからビストロまで5年間修行。2011年7月帰国。

【営業時間】

土日祝 12:00~14:00
18:00~21:00
完全予約制

【座席数】

12席。6テーブル

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2020秋

【サービス料】

なし


【店内】

コンクリート打ちっ放し。
エントランスから入り、突き当たりを右折したスペースにテーブルがあるので、余計に隠れ家的な印象。
ジャスピアノで「Alice In Wonderland」などが流れる。ムーディー。

【ドリンク】

■ポル・ジェス 1900

ピノ・ノワール55%、ピノ・ムニエ40%、シャルドネ5%
創業以来守られている黄金比率、最小限のドサージュでぶどう本来の果実味をひきだしたシャンパーニュ。

■2017 Bourgogne "Gravel" ブルゴーニュ グラベル 2300

優しいベリーのあ香りと樽を感じる、ミネラルの溶け込んだピノ・ノワール。

【料理】

■モヒート

アミューズブーシュは緑色の球状。ホワイトチョコレート、モヒート、シトロンキャビアといった構成。

■南瓜 / 美茄子 / フォアグラブリュレ

徳島県の翡翠茄子、カラマンシービネガー、ジャガイモとナスのピューレ。カボチャのスープとアールグレイの泡。フォアグラとトンカ豆のブリュレの上にはトンカ豆のパウダー。

■鰹

長崎県の戻り鰹。藁で燻製。香味野菜を炭化させたパウダーにして。カボスの果汁を加えたフォアグラのソース。ルビーオニオン。

■各種野菜

カルタファタで色々な野菜を包んで高温の蒸し焼きに。自家製ソーセージ、カボス、芽キャベツ、ブロッコリー、アスパラガス、カリフラワー、インゲン、ニンジン。

■パン

自家製ライ麦パン。

■ブーダン オマール

オマールのビスクが加えられたブーダンノワール。オマールのソテーとサラダ。レモンハチミツソース。

■真魚鰹

大阪府のマナガツオ。スルメイカ、モンサンミッシェルのムール貝、トマトのコンフィ。柑橘類のリキュールであるイタリアのアペロール入りマスタード、ディル。

■鴨 ビュルゴー

シャランのビュルゴー鴨。赤身を残して火入れ。銀杏、イチジク。イチジクの葉をかぶせて。ソースは鴨のジュ。

■カボス

ラベンダーのムース、大分県のカボス。

■木苺

リキッドフランボワーズで作ったソースをチョコレートで閉じ込めて。クランブル、ドライのフランボワーズ。

■食後のお飲み物

カボスとバターのマカロン、スミレのギモーヴ、ラスク、河内晩柑のパート・ド・フリュイ。お茶はチューブに入った茶葉を確かめながら選べる。

【テーブルウェア】

カトラリはビレロイ&ボッホ、肉料理のナイフはオピネル、ナプキンバンドはスガハラ。プレートはジャン・ルイ・コケ、カマチ陶舗、ベルナルド、森山硝子店、バターナイフはライヨール、ワイングラスはシュピゲラウ、リーデル。

【写真】