日本料理 水簾
【水彩の余韻】

ニホンリョウリスイレン


キャピトルホテル 東急の「和のもてなし」を象徴するメインダイニング「水簾」。
ロビーより渡殿を抜けるとそこは、庭園の豊かな緑に囲まれたホテルの"離れ"ともいえる特別な空間。四季の移ろいを感じながら、ていねいに美しく仕上げた旬の料理を楽しめる。伝統的でありながら創意工夫を凝らした懐石料理を中心に、カウンターでは寿司、天麩羅、鉄板焼がある。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区永田町2-10-3 ザ・キャピトルホテル 東急 3F
東京都千代田区永田町2-10-3

【電話番号】

0335030109

【定休日】

なし

【オープン日】

2010/10/22

【シェフ】

板長は柘植実氏。寿司の板前は高師隆一氏。

【営業時間】

11:30~15:00(L.O. 14:30)
17:30~22:00(L.O. 21:30)

【座席数】

83席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2020夏

【コース】

■水彩の余韻 50000

開業10周年記念に相応しい贅を凝らしたコース

天麩羅・鉄板焼・寿司それぞれを専用の空間で職人が目の前で仕上げ、でき立てを提供する店舗の特長を活かし、すべてを一夜の内に味わい尽くせる他に類を見ない美食探訪「水彩(すいさい)の余韻」。普段のディナーとは趣向を変えた周遊スタイルの晩餐はいかがでしょうか。

開催日(予約制)
2020年10月4日(日)/11日(日)/18日(日)/25日(日)

ご利用日の3日前までにご予約ください

時間・定員
第一部 17:00~ / 第二部 18:00~ / 第三部 19:00~
<各部 1組4名さままで>

【サービス料】

10%


【店内】

ダイニングテーブルの奥にある7席カウンター。隣の壁の向こうは天ぷらカウンターで7席。白木が美しい落ち着いた空間。

【ドリンク】

■和酒やワインとのペアリングセット 20000


■ウェルカムドリンク

□スパークリング酒 匠 John

■天麩羅

キュヴェ 三澤 2016
あさつゆ Asatsuyu 2018

■鉄板焼

□紫鈴 Rindo 2016

■寿司

□勝山暁 純米大吟醸
□夢殿 大吟醸
□千代の亀 純米吟醸

■デザート

□獺祭 焼酎

【料理】

■前菜三種

□ハモの梅肉和え、ズワイガニとアメリカ産キャビア、長崎のボラで作った自家製カラスミの炙り。

■天麩羅

□活け車海老(鹿児島)、椎茸(石川)、鱚(千葉)、アスパラガス(北海道)、雲丹大葉巻(北海道)
天つゆ、北海道の大根を手でおろして1日寝かした大根おろし、シーズンごとに新しくなる塩は広島県上蒲刈島の塩。飽きないようにと、魚と野菜を交互に提供。

車海老は先に足を提供し、その後に身を。アスパラガスは穂先は甘いので塩で、茎は天つゆでいただく。シイタケは金沢北部で生産される「百万石しいたけ」はとても肉厚。雲丹大葉巻は、手で持って揚げる。海苔を用いた磯辺揚げとは異なり、大葉で包むと雲丹だけの香りが残る。

2018年にできた天麩羅エリアで、個室としても利用可能。


■鉄板焼

□焼野菜、活け黒鮑、北海道日高郡産「こぶ黒」サーロイン・フィレ
この日は千葉県産のエゾアワビ。フィレとサーロインは50グラムずつ。フランベで香りを付けて。
コンディメントはディアブルソース、マイルドチリソース、ワサビ、生醤油(きじょうゆ)、大根おろし、ヒマラヤの岩塩。

■寿司

□鰈、ばふん雲丹、真鯵、本鮪 とろ、穴子
カレイは竹炭の塩で。シャリは柚子、上にはスダチ。室蘭のウニ。マアジはショウガとワサビ。アイルランド産の本マグロ。長崎県のアナゴ、瀬戸内の鯛でつくられたツメ。
淡白なものから、味の入ったものへと。最後はアナゴ。

■デザート

緑茶のアイスクリームに抹茶パウダー。シャインマスカット、パパイヤ、キウイ、フランボワーズ、巨峰。

【テーブルウェア】

ワイングラスはボトムのないザルト デンクアートのグラヴィタス オメガなど、日本酒のグラスには「水簾」の刻印、プレートはアビランドやノリタケなど。

【サービス】

専属のサービススタッフが付いて、全てを一緒に回るのは画期的。

【コメント】

前菜、天麩羅、鉄板焼、寿司を存分に楽しめる贅沢なコース。

【写真】