SPICE LAB TOKYO
(スパイスラボ東京)

スパイスラボトウキョウ


日本で作られる豊かな季節の食材をふんだんに盛り込み、世界で唯一ここでしか味わうことのできない、インドのモダニズムと日本の感性を融合させたガストロノミックで独創的な料理に仕上げている。

【公式サイト】


【住所】

東京都中央区銀座6-4-3 GICROS GINZA GEMS 10F
東京都中央区銀座6-4-3

【電話番号】

0362746821

【定休日】

なし

【オープン日】

2019/11/16

【シェフ】

総料理長はテジャス・ソヴァニ氏。34歳でコペンハーゲンの「noma」で修行し、インドのラグジュアリーホテル「The Oberoi」や「AMAN」で副総料理長の経験を持つ新進気鋭のインド人シェフ。「既成概念は何も生み出さない」と語る料理に対する類い稀なる情熱で、エレガントでガストロノミックなモダンインディアンキュイジーヌを追求。

【営業時間】

11:30~15:00(L.O. 14:00)
18:00~22:30(L.O. 21:00)

【座席数】

50席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2020冬

【コース】

■インチャンティング スパイス Enchanting Spices 14,300


Temple テンプル(寺院)
「仕事の成功を祈願して神に捧げる食事」をテーマにした一皿でこの料理の旅が始まります

Street ストリート(街路)
土地ごとに独特な味覚を持つ、活気溢れる色鮮やかなインドの街路が呼び起こすインスピレーションを一皿に

Coast コースト(海岸)
乳製品や西ベンガル産のマスタードやシーフードなど、様々な恵みを与えてくれる。インドを囲む 3 つの湾岸エリアの豊穣を祝して

Village ヴィレッジ(農村)
伝統は何世代にもわたって受け継がれ、時間をかけて完成する。すでに失われていた料理法を再発見し、この一皿に用います

Ayurveda アーユルヴェーダ(浄化)
インドの伝統医学・アーユルヴェーダから着想した一皿で味覚・体感を浄化します

Home ホーム(自宅)
愛すべき家庭的な一皿で五感にくつろぎを

Royal ロイヤル(王族)
かつてインドの王族が最も高価で貴重な食材を用いて作った宴の料理を再現しました

Festival フェスティバル(祭り)
エネルギッシュで幸せに満ち溢れた壮大なインドの祭りを祝しながら、この料理の旅を有終の美で締めくくります

【サービス料】

10%