KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO
(キッコーマン ライブキッチン 東京)
【福島県】

キッコーマンライブキッチントウキョウ


東京・有楽町に、キッコーマンがプロデュースしてオープン。国内外で活躍するシェフ・料理人が開発した、“融合”をテーマにしたコース料理を、実演やトークと一緒に楽しむことができるライブキッチン(レストラン)。キッコーマングループの経営理念のひとつである“食文化の国際交流”を体感できるレストランを目指している。
料理は、“融合”をテーマにしたコース料理を月替わりで提供。毎月、異なるジャンルのシェフ・料理人2~3人がタッグを組み、新たな料理の開発に挑戦。和食を軸に、フレンチ、イタリアン、中国料理などを組み合わせた料理で、“食文化の国際交流”を体感できる。監修シェフ自身が実演するSpecial Dayも開催。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区有楽町2-2-3 ヒューリックスクエア東京 B1
東京都千代田区有楽町2-2-3

【電話番号】

0368660400

【定休日】


【オープン日】

2018/11/01

【営業時間】

レストラン 18:30~22:30(20:30L.O.)
スーベニアショップ 11:00~21:30
カフェ&バー 11:00~22:30

【座席数】

70席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019冬

【コース】

■ディナーコース 12000(税込・サ別)

タイムスケジュール
18:30開場
19:00当日の担当シェフによる料理ライブ&ディナースタート(約2時間)
2月13日(水)~3月1日(金)の「ディナーコース」は、福島県出身の2人のシェフが
福島県食材をふんだんに使い、キッコーマンライブキッチン東京だけでご提供する豪華期間限定メニューです。

野﨑洋光氏 (分とく山)
昭和28(1953)年、福島県石川郡古殿町生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、武蔵野栄養専門学校卒業。東京グランドホテル、八芳園を経て「とく山」料理長に。1989年に支店「分とく山」を開店し、総料理長となる。2004年、アテネ五輪日本代表野球チーム長嶋総監督の希望により総料理長に就任。素材そのものの味を生かした料理と「食の原点は家庭料理にあり」という考えが多くの共感を呼ぶ。「福島県ブランド認証制度委員」「ふくしま応援シェフ」としても福島県の食の振興に貢献している。

田代和久氏(La Blanche)
昭和25年(1950年)福島県伊達郡川俣町生まれ。高校卒業後に上京、専門学校卒業後、都内のフランス料理店を経て渡仏。 「ル・ランデ」「ギィ・サヴォア」「バリエリュニュイイ」などで修業を積む。帰国後、銀座の料理店でシェフを3年務め、1986年2月に「ラ・ブランシュ」を開店。野菜の持ち味を生かした個性的な料理にファンが多い。「川俣町ふるさと大使」「ふくしま応援 シェフ」としても活躍中。

【サービス料】

10%