コラージュ
(COLLAGE)
【ルーヴル美術館展 スペシャルコース 「LOUVRE(ルーヴル)」】

コラージュ

イタリア/ピエモンテ


フレンチをベースにさまざまな国の技法を取り入れた新スタイルのモダンフレンチレストラン。コンラッド東京28階に位置し、高さ7mの窓から望む汐留のダイナミックな景色と、開放的なキッチン、モダンな内装が見事に調和したレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区東新橋1-9-1 コンラッド東京 28F
東京都港区東新橋1-9-1

【電話番号】

0363888745

【定休日】

月、日ディナー

【オープン日】

2013/08/01

【シェフ】

シェフ ド キュイジーヌは2017年7月から松永晋太郎氏。

【営業時間】

平土 12:00~14:00、日祝 12:00~15:00
17:30~21:00

【座席数】

56席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2018夏

【コース】

■ルーヴル美術館展 スペシャルコース 「LOUVRE(ルーヴル)」 11000(+ワインペアリング +6000)

芸術の都を感じる夏の軽やかフレンチ
コラージュアートが店名の由来となるモダンフレンチレストランでは、スペシャルコース「LOUVRE(ルーヴル)」をご提供します。また、同コース限定のワインペアリングプランもご用意します。
本コースでは、同展覧会メイン作品であるアントワーヌ=ジャン・グロ《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》とヴェロネーゼ《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》の2作品にフォーカスをあて、独自の気品と優雅さの中に感じる端麗さや勇敢さ、マスキュリン(男性らしさ)とフェミニン(女性らしさ)といった、様々な要素からインスパイアされたメニューを考案。仔羊と野菜の煮込み料理である「ナヴァラン」や、魚介のうまみが広がる“漁師風”という意味の 「マリニエール」といったクラシックフレンチの調理法を多用しつつ、旬食材の個性やうまみをしっかりと引き出し、「コラージュ」ならではのプレゼンテーションでお届けします。シェフ・ド・キュイジーヌ 松永晋太郎の感性が息づく、お皿の上のアートの数々をお楽しみください。
2018年5月30日(水)~9月3日(月)

【サービス料】

13%