New American Grill KANADE TERRACE

ニューアメリカングリルカナデテラス
Posted on Categories 洋食, 目黒Tags

【公式サイト】


【住所】

東京都目黒区下目黒1-8-1 ホテル雅叙園東京 1F
東京都目黒区下目黒1-8-1

【電話番号】

05031887570

【営業時間】

ランチ 平 11:00~14:30(L.O.) 土日祝 11:00~15:00(L.O.)

【制限時間】

ランチ なし

【値段】

ランチ 平 3000 土日祝 3400

【利用時間】

ランチ

【料理】

■パン

大豆ファイン、クッペ、ライスファイン、パン・オ・レ、クロワッサン、はちみつ豆乳

■ブレッド スプレッド

小松菜 Butter スプレッド、はちみつ&クリームチーズ スプレッド、和香る和風ジェノバソース スプレッド、サルバーニョEX バージン オイル

■サラダ

水菜、プチトマト、大根、ルッコラ、豆苗、赤軸水菜、紫キャベツ、トレビス、ロメインレタス、レタス

■トッピング

オリーブ、フライド牛蒡、フライドガーリック、フライドオニオン、クルトン、粉チーズ

■ドレッシング

ヨーグルトシーザードレッシング、和風ドレッシング、イタリアンドレッシング、柚子ドレッシング、レモンドレッシング、フレンチドレッシング

■前菜

リンゴとヨーグルトのサラダ、冷たいフラン(茸ペースト)、とうもろこしのブランマンジェ、蟹とオレンジのキャロットラペ、和洋野菜のピクルス、Mixビーンズ、エスカベーシュ、チーズソースのポテトサラダ、カリフォルニアロール、ズッキーニのペペロンチーノ、スモークサーモン、コールドミート、オープンサンド(卵&ナッツ、緑豆ペースト&ヨーグルトマリネチキン&柑橘)

■温菜

白飯、ホテルカレー、季節野菜のポタージュ、メカジキのグリル(バルサミコとエシャロット、ジンジャーBBQソース)、ジャーマンポテト、チーズとマカロニのグラタン、ジャコと大葉のパスタ(山葵風味)、ソーセージのソテー、カリフラワーのフリット ガーリック風味

■グリル

牛肉の塩水グリル、鶏もも肉のグリル、スペアリブ

■グリルのコンディメント

粒マスタード、岩塩、バルサミコとエシャロット、熟成和風ソース、ジンジャーBBQソース、山椒風味のBBQソース、オレンジBBQソース

【デザート】

早生柿のコンポート 桂花陳酒のジュレ、赤い果実のパンナコッタ、カシスのムース マスカットとチーズのクリーム、リモーネフロマージュ、ムース ショコラ、塩キャラメルのタルト、抹茶ミルク

【ドリンク】

■コーヒーマシン

ブレンド、アメリカン、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソ シングル、エスプレッソ 大ブル

■ティーバッグ

アールグレイ、ダージリン


【コメント】

ホテル雅叙園東京1階のグリルレストランで行われている、ランチブッフェ。平日よりも土日祝日の方が、値段が高い。
伝統のアメリカ料理と世界各国の料理を融合させており、「New American Cuisine」と謳われている。和の食材や匠の技法を取り入れ「和で洋を奏る」をコンセプトにしており、店名に用いられた。
前菜が充実しており、主菜も少なくない。前菜はヴェリーヌも多く、プレゼンテーションも美しかった。主菜はパスタや魚料理、野菜料理が中心。最も目を引くのが、牛肉、豚肉、鶏肉が食べられるグリル料理。目の前で焼き上げられ、香りもよい。コンディメントも豊富なので、食べ比べできて楽しく食べられる。デザートはメインのブッフェ台とは少し離れたパティスリーエリアの裏側。種類はそれほど多くないが、さっぱりとして、さらりと食べられるものが用意されている。皿は有田焼が使われており、和皿で洋食を奏でていた。
店の仕切りはなくオープンになっているので、非常に開放感がある。132席とカウンター12席があって広いので、優雅に寛げるはずだ。
この雰囲気で、訴求力のあるグリル料理が食べられるとあれば、値段はリーズナブルだ。新しく生まれ変わったホテル雅叙園東京のお得なランチブッフェである。

【メモ】

2017/09/01リブランドオープン、税・サービス料は別途、2017/04/01ホテル雅叙園としてリニューアルオープン

【訪問日】

2017年秋

【写真】