モダンビストロ タワーズ
【サマー フレンチ ブランチ】

モダンビストロタワーズ
Posted on Categories 六本木, 洋食Tags ,

【公式サイト】


【住所】

東京都港区赤坂9-7-1 ザ・リッツ・カールトン東京 45F
東京都港区赤坂9-7-1

【電話番号】

0334238000

【営業時間】

ランチ 土日祝 11:00~12:30、13:00~14:30

【制限時間】

ランチ 90

【値段】

ランチ 7500(サマー フレンチ ブランチ)、6000(ビストロ ブランチ)

【利用時間】

ランチ

【料理】

■サマー フレンチ ブランチ

スパークリングワイン、前菜、卵料理、メイン、デザート

■ビストロ ブランチ

前菜、メイン、デザート

■前菜

パン(バゲット、フォカッチャ、カンパーニュ)
フレンチ タブレサラダ、とうもろこしのケークサレ、エスカベッシュ、ヴィシソワーズ、シーフードプラッター、トンナート クランチベジタブル、スモークサーモン、フジッリサラダ、キッシュ ロレーヌ、ムール貝のフラン カボチャのムース、蕪のスープ
ニース風サラダ、サラダアイテム5種、トッピング5種、ドレッシング3種(シーザー、和風)
チーズ4種(コンテ、ミモレット ジュンヌ、カマンベール、 ブッシュ ド ルッセ)、ハム3種(ロース、生ハム、サラミ)

■卵料理(1品選択)

□エッグココット ”ピペラード”
パプリカの煮込み ほうれん草 エスペレットチリ
□ポーチドエッグ ”ムーレット”
きのこ 玉ねぎ ベーコン 赤ワインソース
□トリュフエッグベネディクト +900
ブリオッシュ ベーコン ほうれん草

■メイン(1品選択)

□スズキのムニエル ”グルノーブル風”
レモン ケッパー クルトン 焦がしバターソース
□築地市場から本日の鮮魚 ”ブイヤベース” +1000
フェンネル ズッキーニ トマト ”ルイユ”ソース
□信玄鶏胸肉の低温ロースト ”ノルマンディ風”
夏野菜 カルヴァドス風味のクリームソース
□オーストラリア産ラム肩ロースのブレゼ ”ナヴァラン”
蕪のピューレ インゲン豆 ペコロス
□アメリカ産F1サーロインのグリル ”ボルドレーズ” +1200
ポーンマロー ポテトグラタン ”ドフィノア” 赤ワインソース
□黒毛和牛フィレ肉のグリル ”ボルドレーズ” +4500
□アーティチョーク ”パリグール”
グリーンアスパラガス アーチィチョークピューレ バジルオイル

【デザート】

■ピエール・エルメ・パリによるペストリーデザートの世界

「パティスリー界のピカソ」と呼ばれるフランスのパティシエ・ショコラティエ ピエール・エルメ氏が展開するパティスリーショップ「PIERRE HERMÉ PARIS」(ピエール・エルメ・パリ)による4種のデザート(ミルフィーユ、クロワッサン、ヨーグルト、アンフィニマン ヴァニーユ タルト)を、お一人一皿づつ盛り付けてご紹介いたします。

■ケーキ

パート ド フリュイ2種、マカロン2種(スミレとカシス、ピスタチオ)、クロワッサン、クッキー2種、
サマーベリー バジル バニラ、ココナッツダックワーズ パッションフルーツムース、ラズベリーマシュマロ、ピーナッツ パリブレスト、バニラサントノーレ、ザ・リッツ・カールトンケーキ、オレンジババ シャンティクリーム、バニラシャンティ、ストロベリーミントタルト、アレット、ダークチョコレート チェリーケーキ、チェリーミント トリュフチョコレート、日本酒トリュフチョコレート、レモンフィナンシェ、ピスタチオパンナコッタ グレープフルーツ、カシスアーモンドエクレア

【ドリンク】

ウエルカムドリンク(スパークリングワイン又はノンアルコール)


【コメント】

ザ・リッツ・カールトン東京45階のグリルレストランで行われている、ランチブッフェ。土日祝日はブランチが行われている。夏の期間は週ごとにテーマが決められた「サマー フレンチ ブランチ」が行われている。
スパークリングワインが付き、前菜がブッフェ、卵料理とメインディッシュは1品を選択肢、デザートはブッフェとなっている。訪れた日はピエール・エルメ・パリをテーマとしたフェアになっており、ピエール・エルメ・パリのスイーツも提供された。
前菜は20種以上、デザートも20種程度用意されている。
エッグココット ”ピペラード”は、赤色をしており見た目も印象深い。トリュフエッグベネディクトは、トリュフがトッピングされているだけで、香り高くなる。
信玄鶏胸肉の低温ロースト ”ノルマンディ風”は、歯応えを残しながらも柔らかい食感。カルヴァドス風味のクリームソースが実に爽やか。夏野菜はとうもろこし。
アメリカ産F1サーロインのグリル ”ボルドレーズ”は重厚なボルドー赤ワインソースとよく合う。サーロインは脂もしっかり。メインディッシュにはフォルジュドライヨールのナイフが提供された。
アンフィニマン ヴァニーユ タルトは非常にバニラの香りが素晴らしい。ココナッツダックワーズ パッションフルーツムースは見た目も可愛らしい。ピーナッツ パリブレストはピーナッツの味わいがしっかり。ザ・リッツ・カールトンケーキは濃厚なチョコレートケーキである。ストロベリーミントタルトはミントは穏やかで、ストロベリーがフレッシュである。
ピエール・エルメ・パリ日本法人代表取締役社長のルデュ リシャール氏も訪れ、デザートを作成していた。ピエール・エルメ・パリのファンにはもちろん、デザート好きには非常に嬉しいサマー フレンチ ブランチだ。

【メモ】

2010/09/04オープン、2015/04/28リニューアル、2017/06/17~09/18土日祝「サマー フレンチ ブランチ」
6月18日 / 8月13日 シャンパーニュ ペリエ ジュエの世界、6月25日 / 9月10日 フレンチ スタイル シャルキュトリーの世界、7月 2日 / 8月27日  フレンチカクテルの世界、7月 9日 / 9月17日  南フランスワインの世界、7月16日 / 9月 3日  ヴァローナ ペストリーデザートの世界、7月23日 / 8月20日 世界一のチーズ職人 ファビアン・デグレ氏によるチーズブッフェ&メゾンカイザーの世界、7月30日 ザ・リッツ・カールトン東京のペストリーシェフ ジミー・ブーレイによるフレンチデザートブッフェの世界、8月 6日  ピエール・エルメ・パリによるペストリー デザートの世界

【訪問日】

2017年夏

【写真】