ロビーラウンジ マーブルラウンジ
【マリー・アントワネットの結婚】

ロビーラウンジマーブルラウンジ
Posted on Categories デザート, 新宿Tags

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京 1F
東京都新宿区西新宿6-6-2

【電話番号】

0333445111

【営業時間】

ケーキ 14:30~17:30

【制限時間】

ケーキ なし

【値段】

ケーキ 平 3800 土日祝 3920

【利用時間】

ティータイム

【料理】

日替わり冷製スープ、チキン(レモン、タルタルソース)、パスタグラタン、夏野菜のラタトゥイユ、タマゴのサンドイッチ

【デザート】

■エントランス付近のブッフェ台

王妃の帽子風ルリジューズ ラベンダー風味のカシスソース、ピンクグレープフルーツのタルト、シャンパンゼリー、薔薇のジュレ パンナコッタ、バラのマシュマロ、マカロン、シャルロットケーキ、プチ・トリアノンのカップケーキ(バラ、ラベンダー)、王妃の真珠(レアチーズケーキ)、ショコラ・ダムール(チョコレートプリン)

■メインのブッフェ台

パンもお食ベ デニッシュ、王妃のおやつ クグロフ、パンもお食ベ オレンジフラワーの香るトロペジェンヌ、レモンのスコーン、ヨーグルト カモミール風味のマンゴーソース
、プチストロベリータルト、マリーの初恋ホワイトチョコレートヨーグルト風味、赤い果実のドライフルーツ、ショートケーキ、タピオカミルクティー、王妃の宝石箱(赤いベリーのタルト)、フランスの薔薇(バラとラズベリーのメレングシャンティ)、ア・ラ・ヴェルサイユ(レモンとカモミールの香るスポンジケーキ)、ヌーヴェル・マリエ(桃とホワイトチョコレートクリームのケーキ)

■アイランド型のブッフェ台

マリー・アントワネット アンティークケーキ(アップルパウンドケーキ)
(マリー・アントワネットの好物だったと言われるピンク色のケーキ。NINA社のレシピ)
□チョコレートファウンテン
ダークチョコレートファウンテン、レッドチョコレートファウンテン
□チョコレートファウンテンのアイテム
パイナップル、メロン、バナナブレッド、マシュマロ

■ホームメイドワッフル

ラズベリージャム、ブルーベリージャム、マンゴージャム、生クリーム、アーモンドスライス

■コールドマーブルアイスクリーム

□アイスクリーム4種
抹茶、チョコレート、ストロベリー、バニラ
□アイスクリームのトッピング
ワッフルオーン、オレオクッキー、チョコスプレー、チョコレートクッキー、シリアル、アーモンドスライス

【ドリンク】

■コーヒーマシン

エスプレッソ、コーヒー、カプチーノ、ラテマキアート

■コールド

アイスウーロン茶、アイスコーヒー、アイスティー


【コメント】

ヒルトン東京1階のラウンジで行われている、デザートブッフェ。「マリー・アントワネットの結婚」が行われている。今回のフェアが、 エグゼクティブペストリーシェフである播田修氏の初めてのフェア。
ラウンジ入口には、今回が初めてと成るバラのアーチを設置。エントランス付近のブッフェ台は鏡やシャンデリア、ウェディングケーキなど結婚をイメージしており、奥のメインのブッフェ台には可愛らしい靴やパラソルなどがあって結婚の準備を表現。
創業1672年のフランス紅茶ブランドであり、ヴェルサイユ「王の菜園」唯一のオフィシャル・パートナー「ニナス・マリー・アントワネット」とコラボレーションしているだけあって、同社のレシピであり、マリー・アントワネットの好物だったと言われるピンク色のケーキ「マリー・アントワネット アンティークケーキ」があったり、紅茶も飲める。
「パンもお食べ デニッシュ」など名前も洒落ており、見た目も豪華。ドラジェが多く使われており、きらびやかな印象。
マリー・アントワネットの生涯で最も盛り上がる結婚のシーンを再現した素晴らしいデザートブッフェ。

【メモ】

2017/07/01~9/30「マリー・アントワネットの結婚」、税サ別

【訪問日】

2017年夏

【写真】