かあちゃんの味 てる家

カアチャンノアジテルヤ
Posted on Categories 和食, 杉並エリア

【公式サイト】


【住所】

東京都杉並区上荻1-4-7 流動ビル 2F
東京都杉並区上荻1-4-7

【電話番号】

0332205751

【営業時間】

ランチ 平土 11:00~14:30

【制限時間】

ランチ なし

【値段】

ランチ 800

【料理】

玄米、三十穀米、味噌汁(お代わり不可)
青菜のお浸し、自家製ぬか浸け5種、キュウリと大根の和え物、豚の旨煮、ゴーヤチャンプル、焼き鮭、ほうれん草のお浸し、キンピラゴボウ、モヤシ炒め、グリーンサラダ

【デザート】

なし

【ドリンク】

なし


【コメント】

荻窪の和食店で行われている、ランチ食べ放題。食べ放題は休みの日曜日を除き、毎日行われている。
最寄り駅は荻窪。北口に出て、青梅街道に出る。1分程阿佐ヶ谷方面に足を伸ばせば同店に辿り着けるが、ビルの一室になっているので注意をしていただきたい。。
前金制なので、入店する際に料金を支払う。玄米か三十穀米かのどちらがよいかを訊ねられ、ご飯と味噌汁が運ばれて来るという流れだ。
種類数は全部で13種。種類数は多くない。だが、どれも手作り感があって、しっかりとした作りだ。
三十穀米は、紫色をしており、適度に水分があってややもっちりとする。自家製ぬか浸けは、ややアクセントが強い印象だ。豚の旨煮はこってりとした中華風のあんで、食べ応えがある。ゴーヤチャンプルは、豆腐と卵とが優しく、苦瓜の苦味とよいコントラストを織り成していた。焼き鮭は思ったよりも脂がのっている。キンピラゴボウは太いゴボウが半分にカットされており、食感を楽しむことができた。
どの料理も丁寧でおいしく食べられる。栄養バランスもよさそうだ。
店内は狭く、22席しかない。奥にカウンター席が6席程度置かれている。木造り感があって、まだ新しい感じだ。BGMには何故かジャズが流されている。
客層は30代以降が中心。近隣に勤める会社員が大半だ。女性が5割を占める。
補充は早い方だ。皿の片付けは特にない。従業員は皆、テキパキと無駄なく動いていた。
種類数は多くないものの、家庭的な温かみのある和食を食べられるのは嬉しい。駅前でアクセスがよく値段も安いので、おふくろ風の和食が食べたくなったら利用するとよいだろう。

【メモ】

味噌汁お代わりは+50円

【訪問日】

2008年夏