シェフズ ライブ キッチン
【日本を味わおう 第12弾 江戸-TOKYO- プロモーション 試食会】

シェフズライブキッチン
Posted on Categories 和洋中, 竹芝Tags , ,

【公式サイト】


【住所】

東京都港区海岸1-16-2 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 3F
東京都港区海岸1-16-2

【電話番号】

0354042222

【営業時間】

ランチ 11:00~14:30
ケーキ 15:00~16:45
ディナー 17:30~22:00

【制限時間】

ランチ 90分
デザート なし
ディナー 120分

【値段】

ランチ 平 3725 土日祝 4201
ケーキ 平 3132 土日祝 3325
ディナー 平 5430 土日祝 5986

【利用時間】

ディナー

【料理】

■ファーストディッシュ

□コラーゲンたっぷり、鮪と葱のクリームスープ ねぎま鍋仕立て
江戸時代は鮪が食べられていたが、冷凍技術がなくて、トロ部分は捨てられていた。
ねぎまはよく食べられていたので、再現。ブイヨンとクリームを使って、コクを増している。葱の香りが豊か。

■前菜・サラダ盛り合わせ

□豆腐とひじきのサラダ
豆腐とひじきは江戸時代によく食べられていた。
□きらずのサラダ
きらずはおからのこと。切らないで食べられることから名付けられた。
□鰹のたたき マスタードの香るグリビッシュソース
鰹のたたきは、辛子で食べていたので、今回はマスタードで。
□豆腐田楽 シェフズ ライブ キッチン スタイル
田楽はつまみのような料理なので、ムースにして新しい料理に。
□鴨胸肉のローストと蕎麦米のリゾット 鴨南蛮仕立て
鴨南蛮を蕎麦でイメージ。蕎麦米でリゾット。
□鰻のキッシュ
鰻は江戸時代もよく食べられていた。キッシュに合うとイメージして作られた。
□桜飯 和風ヴィネグレットで
桜飯はタコの炊き込みご飯。

■魚料理

□メバルのオーブン焼きと東京野菜小松菜のサラダリオネーズ風
先に小松菜をが思い浮かび、温かいドレッシングと合わせたいと考えた。玉子と相性がよいので、リヨネーズサラダをイメージしたソースを。

■肉料理

□大根と牛ほほ肉 東京甘味噌でコクを出した 赤ワイン煮込み 風呂吹き大根仕立て
フォンを煮込んで、風呂吹き大根と風呂吹き葱。大根と葱がよりおいしくなり、赤ワインともよく合う。東京甘味噌が隠し味。江戸時代から風呂吹き大根と葱は食べられてきた。

【デザート】

■白ゴマのブランマンジェ

江戸時代、ゴマは重宝され、千利休もゴマを愛した。そこから、白ごまを使ったデザートを考案。

■イースターデザート

ホワイトチョコレートのムース、いちごのムース、マンゴーと杏仁豆腐。


【コメント】

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ3階のブッフェレストランで行われている、ディナーブッフェ。私との第12弾のコラボレーションとなる「日本を味わおう 第12弾 江戸-TOKYO- プロモーション」が行われている。

【メモ】

2012/03/02開店、2018/05/15~7/16「日本を味わおう 第12弾 江戸-TOKYO- プロモーション」、サービス料別

【訪問日】

2018年春

【写真】